カードキャッシングを利用したときの金利について

カードキャッシングを利用することができるのは、少額融資を提供している貸金業者だけです。

 

貸金業者が提供するサービスには、例外なく利息制限法という法律が適用されることになるため、
カードキャッシングにおける金利もこの法律に従って設定されることになります。

 

利息制限法における金利の考え方は非常にわかりやすいです。

 

基本的に、カードキャッシングのように一般的な個人の消費者に対して融資を提供している会社は、
金利によって生じる消費者への利息の負担をなるべく減らすようにしなくてはいけません。

 

そうしないと、融資の返済が難しくなってしまうからです。

 

利息制限法もそのような立場になっており、消費者に対して融資の金額が増えるほど、
利息の範囲を小さくしなくてはいけないという規定を設けています。

 

例えば、5万円の融資と100万円の融資ならば同じパーセンテージの金利を設定したとしても、
必ず後者の方が利息の負担は大きくなります。

 

5万円と100万円で同じ20%の利息を請求することが消費者に対して公平になるとは限らないため、
法律によって融資の金額が増えるほど利息の上限を小さくしているのです。

 

このように、カードキャッシングにおける金利は法律によって厳しくその範囲を決められているため、
消費者の負担にならない程度に抑えることができるのです。

カードキャッシングを利用するメリットとは

融資を受ける方法は多くありますが、カードキャッシングは特に利便性が高く人気の高いサービスです。

 

利用する前にはその特徴とメリットを知っておきましょう。
カードキャッシングのメリットは、まず手続きが簡単に行なえることがあげられます。

 

手続きも来店なしで対応しているところが多く、電話やインターネットからも手続きが行えます。

 

お金を借りるときは様々な準備が必要というイメージもありますが、カードキャッシングの場合は準備する書類も少なく、
小額の借入であれば身分を証明できる運転免許証やパスポート、健康保険証などがあれば手続きを行なうことができます。

 

お金を借りるには安定した収入が必要ですが、カードキャッシングの場合は安定した収入があれば
パート、アルバイト、派遣社員、自営業の方などにも利用しやすくなっています。

 

その他のメリットとしては、審査や融資が迅速に行なわれているということもあげられます。

 

手続きを行うとその後はすぐに審査が行なわれ、仮審査の結果をすぐに知ることができます。
その後は本審査でより丁寧な審査が行なわれますが、こちらも問題がなければ即日からも融資を受けることができます。

 

この場合も来店しなくても振込みで対応してもらうことができます。